がんという病気は存在しない。肺がんを例に考えてみましょう。

がんという病気は存在しない。あるのは、腫瘍細胞だけである。
体の中では、おかしな細胞(異常な細胞)が日々誕生し、そして免疫細胞によって排除されています。このおかしな細胞が、腫瘍細胞です。
そして、現代の医学では、この腫瘍細胞は無限に増殖する能力をもっており、その増殖能力が早い腫瘍細胞を悪性と診断し、遅い腫瘍細胞を良性と診断します。
しかしながら、腫瘍細胞が無限増殖して人が死んでしまう、「がん」という病気は存在しません。

この腫瘍細胞の無限増殖説は、今は多くの人達が否定しています。
ーーーー(引用はここから)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
がんは細胞のイレギュラーによって起こる病気です。
私たちの身体は約60兆個(近年の研究では約37兆個との説もあります)の細胞からできていて、それらの細胞は自らをコピーし、細胞分裂を繰り返しています。
正しくコピーが行われていれば問題はありませんが、何度もコピーをするなかで、うまくコピーできないもの、いわゆるコピーミスが起こります。
それが「がん細胞の元」になるのです。
誰の身体でもコピーミスは1日5000回程度起こる、つまりがん細胞の元は1 日に5000個ほどできるといわれています。
「1日に5000個」と聞くと、絶望的な気分になりますが、こうした「がん細胞のもと」は、ほとんどが修復されたり、死んでしまったりします。
たとえ修復されずに生き残ったがん細胞の元があっても、「NK(ナチュラルキラー)細胞」と呼ばれる免疫細胞が、修復されなかったがん細胞の元を食べて体内から消滅させます。
しかし、万が一NK細胞ががん細胞の元を見逃してしまうと、それが分裂をくり返すことになるのです。
正常な細胞であれば、分裂を数十回ほど繰り返すと死滅(アポトーシス)し、新しい細胞に入れ替わります。
しかし、イレギュラーであるがん細胞の元は、死滅することなく分裂を繰り返し、増え続けていくのです。
ひとつだったがん細胞の元が2つになり、4つ、8つ……と増殖を繰り返し、その数を増やし続けていくと、やがてがんとして認識されます。
がん細胞の元が増殖を始め、それが大きくなりがんと呼ばれるようになるまでには、およそ10年かかるといわれています。これは、がん細胞が1センチ(細胞数10億個)になるまでの期間は約10年と考えられるからです。
つまり、60歳でがんと診断された人は、少なくとも50歳くらいの頃から、がん細胞の元が成長し始めていたのかもしれません。
現代の西洋医学では、がんは無限に増殖するとされています。
これは近代医学の祖といわれるドイツ人医師のルードルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョウ(1821~1902)の「がん細胞増殖説」に基づくものです。ウィルヒョウは、「がん細胞は、ひとたび発生すると無限に増殖を続ける」と主張しました。
しかし、その説に沿うと、納得できない面があります。がんは、1回分裂すると2個になり、2回分裂すると4個……、40回で 1兆個に達します。
この計算でいくと、46回目の分裂で64兆個となり人間の細胞の数とされる60兆個を超してしまいます。
ウィルヒョウの理論では、「正常な細胞の多くは、分裂を数十回くり返すと、それ以上の分裂能力を失うか、細胞がアポトーシスするように設計されている。
しかし、DNAに異常のあるがん細胞は、アポトーシスすることなく分裂を続ける。そして分裂・増殖を繰り返し、ついには宿主(患者)を死に至らしめる」とされています。しかし、これは150年も前の時代の理論です。
私たちの体内には、毎日5000個ともいわれるがん細胞の元が発生しています。
ウィルヒョウの説が正しければ、人類はとっくに滅亡しているはずです。
毎日がん細胞ができているのに人類が100万年以上も生き延びているのは、NK細胞をはじめとする身体の免疫システムが、がん細胞の増殖を抑えてくれているからです。
ウィルヒョウの時代には、免疫細胞の存在すら見つけられていませんでした。
そのため「がん細胞・無限増殖論」に世間は納得したかもしれません。
しかし、免疫細胞の存在が明らかになった現代でも、なぜかまだウィルヒョウの理論が定説となっているのです。
日本人のがん死亡者数が減らない原因のひとつは、いまだに「がん細胞・無限増殖論」を信じるあまりに、自分自身が持っている免疫の力を忘れてしまっているからではないでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウィルヒョウの説に従うと、46回目の細胞分裂で64兆個となり、個体の細胞数である60兆個を超えるので、この説は矛盾するとのことです。
しかし、『万が一NK細胞ががん細胞の元を見逃してしまうと、それが分裂をくり返すことになるのです。』という部分は、私が納得できませんでした。
なぜ、一度NK細胞ががん細胞の元を見逃すと、もう二度と見逃したがん細胞を攻撃しなくなるのでしょうか?どなたか、納得できる文献や理論をお持ちでしたらご教授お願いします。

さて、すでにRaptBlogやKawataブログで、がんという病気は存在しないという証拠があるので、核心的な話は以下の記事を読んでください。

がんという病気は存在しない。
<第114弾>癌という病気は存在しない。(前編)
<第115弾>癌という病気は存在しない。(後編)
癌という病気は存在しないと断言できる幾つかの証拠(1)
癌という病気は存在しないと断言できる幾つかの証拠(2)
癌という病気は存在しないと断言できる幾つかの証拠(3)

今回のブログ記事は、RaptBlogとKawataブログの補足的な内容となります。
なぜ肺がんに注目したのかというと、最新がん統計で、がんの中でも肺がん死亡者が一番多いからです(情報元はここから)。

それでは、肺がんになる原因を見てみましょう。
ーーーーー(引用はここから)ーーーーーーーーーーーー
肺がんは、肺の細胞の中にある遺伝子に傷がつく(変異する)ことで生じます。傷をつける原因にはさまざまなものがありますが、代表的なものが喫煙と受動喫煙です。その他にも、アルミニウムやヒ素、アスベストなどが原因になることが知られています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
肺がんは、喫煙が主な原因のようです。
では、喫煙者の数はどうでしょうか?
ーーーーー(引用はここから)ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうやら、喫煙者は男女ともに減少しているようです。
では、肺がん患者の死亡者数の推移を見てみましょう。
ーーーーー(引用はここから)ーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうやら、男性と女性ともに、肺がん死亡率は増加傾向のようです。男性の増加傾向が著しいのがわかります。
近年、男性の喫煙率は減少傾向にあるのに、肺がん死亡率は増加しています。
肺がんの主な原因が、喫煙であるという報告と矛盾しています。

では、肺がん死亡率を増加させる原因が、喫煙以外にあるのでしょうか。
調べてみると、「女性ホルモン」と「汚染大気」が原因であるとの報告があります。
ーーー(引用はここから)ーーーーーーーーーーーー
肺腺がんの場合、喫煙も原因の1つですが、扁平上皮がんほど大きな影響はありません。では、喫煙以外の原因とは、何なのでしょうか。
近年のさまざまな調査研究から、「女性ホルモン」と「汚染大気」の2つが有力視されています。
女性ホルモン(エストロゲン)については、月経期間の長い(初潮が早く、閉経が遅い)女性や、エストロゲン補充療法を受けた女性に、肺がんの発症率が高いことが以前から報告されていました。このことからエストロゲンの影響についての研究が進められ、現在ではエストロゲンの体内合成にかかわる遺伝子と、肺がん(とくに肺腺がん)との関係や発症の仕組みが解明されつつあります(※4)。
その結果、エストロゲンの量や濃度が、肺腺がんのリスクを高める要因の1つであると考えられています。また、タバコを喫わない女性に、エストロゲンの影響が大きい傾向がみられることも指摘されています。
エストロゲンは高脂血症や高血圧の予防にも役立つ大切な女性ホルモンですが、その一方で、月経期間の長い女性やエストロゲン補充療法を受けた(受けている)女性の場合は、エストロゲン濃度が高くなる機会が増え、量も多くなります。それだけ肺腺がんのリスクも高くなることを忘れずに、定期的にCT検査を受けるようにしましょう(ちなみに男性の体内でもエストロゲンは合成されていますが、その影響についてはまだ不明です)。

(※4)国立がん研究センター研究所などによる遺伝子解析から、CYP19A1遺伝子の多型がエストロゲンの量に個人差をもたらすこと、また、エストロゲンが、肺腺がんの前駆(前段階)とされる細気管支肺胞上皮がんの発生に影響を及ぼすことがわかってきています。

(中略)

肺腺がんのもう1つの原因と推定されるのが汚染大気です。
私たちは呼吸するたびに、空気中にあるさまざまな有害物質(細菌やウイルス、自動車の排気ガス、タバコの煙、工場の煤煙など)を吸い込んでいます。肺の末端にある肺胞では、白血球の一種である肺胞マクロファージが有害物質を感知し、除去しています。この防御システムによって、肺胞の機能が守られています。
しかし、肺胞マクロファージが有害物質を取り除くとき、活性酸素が発生します。活性酸素は細菌などの除去に役立っていますが、大量に発生すると正常な細胞まで傷つけてしまいます。その結果、肺胞付近の細胞にがんが発生するリスクが高くなるのです。
吸い込む有害物質が多くなれば、それだけ肺胞マクロファージの出番が増え、活性酸素の発生量も増えます。大都市や工業化の進んだ都市に、肺腺がんの発生率が高いとされるのは、空気中の有害物質に触れる機会が多いからです。
予防のためには、できるだけ空気中の有害物質を体内に入れないように注意する必要があります。「風邪など呼吸器系の病気に気をつける」、「ウォーキングやジョギングは排気ガスの多い幹線道路沿いを避け、公園・緑地などを利用する」、「受動喫煙(ほかの人のタバコの煙)を避ける」などを心がけましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
肺がん生成に、女性ホルモンである「エストロゲン」がどのように働いているかは分からないですが、エストロゲンの量や濃度が関係しているようです。
また、大気中の有害物質が肺に入ることで、肺の免疫機構が活性化され、有害物質を除去する目的で生成された活性酸素が、肺がんを誘発する原因であると報告されているようです。

それでは、エストロゲンや汚染大気が、肺がんと因果関係があるのか検討します。
まずエストロゲンからですが、その前に女性ホルモンとは何か?について、見てみましょう。
ーーーーーー(引用はこちらから)ーーーーーーーーーー
女性ホルモンというのは、エストロゲンやプロゲステロンの総称です。
エストロゲン(E)は卵胞の発育と共に産生されるため、「卵胞ホルモン」ともいいます。エストロゲンには、エストロン(E1)、エストラジオール(E2)、エストリオール(E3)の3種類がありますが、性成熟期に働く主なエストロゲンはエストラジオールです。エストラジオールはエストロゲンの中で最も活性が強く、通常、検査で測定される血中エストロゲンの主成分となります。 
プロゲステロン(P,P4)は主に黄体で作られるため、「黄体ホルモン」ともいいます。プロゲステロンは受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態に整え、着床(妊娠)後は妊娠を継続させる働きがあります。また、プロゲステロンは体温をつかさどっている脳の体温中枢に作用を及ぼし基礎体温を上げる働きもあるため、排卵後プロゲステロンが分泌されている間は体温が高い状態が続き(=高温期)、0.3〜0.6℃程度上昇します。
不妊治療においてエストロゲンやプロゲステロンが足りないと判断された場合には、子宮内膜の増殖や肥厚を促すためにくすりとして投与することもあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女性ホルモンは、主にエストロゲンとプロゲステロンの2種類に分類されるようです。
では、エストロゲンの体内濃度は、年齢によって変化するのでしょうか?
ーーーーーーー(引用はこちらから)ーーーーーーーーーー
年齢によって女性ホルモンの分泌量は変化します。エストロゲンの分泌量は、18?40歳ぐらいの間が最も多く、40歳ごろから減り始め、閉経の前後で急激に減少します。その、ホルモンの変化が大きい閉経前後の約5年を更年期といいます。一般的には40代後半ごろから始まるといわれますが、30代後半から始まる人もいれば、50代半ばになってからという人もいるように、個人差が大きいものです。
同様に、閉経の時期や閉経までの過程も人によってさまざま。「ある日突然月経がこなくなった」ということもあれば、「少しずつ間隔が開いて、量も減って」と、段階的に進むこともあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女性ホルモンであるエストロゲンは、40歳から徐々に減少していくようです。
肺がん(特に肺腺がん)は、エストロゲンの量や濃度に依存していると言われているので、18歳から40歳の間に肺がん患者が最も多いことが予想されます。
では、実際に肺がんは、何歳の女性に多いのでしょうか。
ーーーーーー(引用はこちらから)ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このグラフは、2017年度の肺がん年齢別死亡率を男性(青線)と女性(橙線)で表したグラフです。
橙色の女性のグラフを見ると、50歳から急激に死亡率が増加していることが確認出来ます。実際の生データを見ても、肺がん死亡数は45歳から166人と3桁になり、65歳から2070人と一気に4桁に跳ね上がります(こちらのデータ参照)。
エストロゲンの量や濃度が肺がんの原因であれば、50歳から急激に肺がん死亡数が上がるグラフになるのは矛盾していると思うのは私だけでしょうか。
因みに、肺がん罹患率も同様な傾向のグラフになっています。
ーーーーーーーーー(引用はこちらから)ーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エストロゲン濃度が減少する更年期時期に、肺がん罹患率が増加するのは矛盾しているように感じます。

やはり、エストロゲンが、急激な肺がん患者数の増加原因であるとは考えられないです。

最後に、汚染大気(以下、大気汚染と表記)と肺がんについて考えてみましょう。
大気汚染が肺がんの原因であれば、現在の大気は昔の大気に比べてかなり汚染されていることになります。
したがって、大気汚染の状況を調べてみました。
ーーーーーーーー(引用はこちらから)ーーーーーーーー
第2次世界大戦後、著しい経済発展とともに深刻な大気汚染が大きな社会問題となりました。対策として、大気汚染防止法の制定(1968(昭和43)年)、大気環境基準の設定(1969(昭和44)年より順次)、大気汚染物質の排出規制、全国的な大気汚染モニタリングの実施等の結果、硫黄酸化物(SOx)や一酸化炭素(CO)による汚染は大幅に改善されました。その後、近年の自動車交通の増加から、窒素酸化物(NOx)及び浮遊粒子状物質(SPM)による汚染が課題となりました。現在では、光化学オキシダントの環境基準達成率が極めて低くこの対策が求められています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうやら、1968年から大気汚染に関する法律が次々と制定されることによって、大気汚染の状況は改善されてきているようです。
自動車の普及によって問題となっている窒素酸化物(こちらを参照)や浮遊粒子状物質(こちらを参照)も、現在では基準値以下にまで改善されています。
現在では、光化学オキシダントが環境基準達成率が極めて低く、問題になっているようです。
ーーーーーーーー(引用はこちらから)ーーーーーーーー
光化学オキシダント
工場の煙や自動車の排気ガスなどに含まれている窒素酸化物(NOx)や炭化水素(HC)が、太陽からの紫外線を受けて光化学反応を起こし、オゾン、パーオキシアセチルナイトレートが生成され、これらの酸化力の強い物質を総称して、オキシダントあるいは光化学オキシダントという。また、これらの物質からできたスモッグを光化学スモッグという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
光化学オキシダントとは、工場や自動車の排気ガスに含まれる物質から生成される、酸化力の強い物質の総称のようです。
現在の大気汚染の主役が、光化学オキシダントということでしょうか。
では、現在光化学オキシダントは、どのくらい大気中に存在しているのでしょうか?
ーーーーーー(引用はこちらから)ーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
確かに、光化学オキシダントは増加傾向にあるようですが、環境基準値の0.06ppm以下を達成しているように見えるのは私だけでしょうか。
さらに、1976年の光化学オキシダント濃度が一番高く、2010年の濃度は1976年と比較して低いのにも関わらず、近年のほうが肺がん死亡率及び肺がん罹患率が高いのは、大気汚染が肺がんの原因であるということに矛盾しています。

しかも、体を一番汚染する大気汚染は喫煙ですが、喫煙率が減少している現状において、大気汚染が肺がんの原因というのは、かなり説得力が無いように思われます。

やはり、大気汚染が肺がんの原因というのも、理解出来ません。

このように言うと、「いや、肺がん検査の技術が昔より向上して、肺がんと特定された患者数が多いから、死亡数が増加しているのだ。」と反論される方もいるかもしれません。
確かに、低線量肺がんCT検診というのが出来て、肺がん発見率は従来より高くなっていると報告されています。
ーーーーーー(引用はこちらから)ーーーーーーーー
低線量肺がんCT検診では、従来の胸部エックス線写真による検診と比較して、より小さく、より早い時期の肺がんを発見できることが国内外の研究で報告されています。
CT検診による肺がん発見率は、胸部エックス線検診に比べて10倍程度高く発見された肺がんは早期の比率が高く、その治療成績も良好であることが知られています。さらに、米国の国立がん研究所(NCI)は、CT検診により検診受診集団の肺がん死亡率が減少するか否かを調べる大規模な臨床試験を、55歳から74歳の重喫煙者を対象に行いました。その結果、胸部単純エックス線検診群に比べ低線量肺がんCT検診群の肺がん死亡率が約20%減少し、総死亡(肺がん以外の原因も含めた死亡)も6.7%減少したことが報告されています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
低線量肺がんCT検診は、従来の胸部エックス線検診に比べ10倍程度発見率が高いようですが、CT検診自体はここ10年くらいで普及してきた検診のようです。しかしながら、2010年の時点で肺がん死亡率は男性で1位に、女性では2位にまで増加しています。
検診の精度が高くなったから、肺がん患者数が増え、肺がん死亡率が増加したということとは矛盾します。

さらに、CT検診は早期肺がんの発見率も高いようですし、米国では死亡率が減少したと報告されているようですが、CT検診は「死亡率減少効果の有無を判断する証拠が不十分」とさえ言われており(こちらを参照)、実際に日本の2017年の肺がん死亡数は、相変わらず男性で1位、女性で2位と変わりありません(こちらを参照)。

何を言いたいのかというと、肺がん発見率は高くなり、肺がん治療に効果があれば、近年の肺がん死亡者数は減少傾向になるはずです。しかしながら、それでも肺がん死亡数が増加傾向にあるということは、肺がん治療は全く効果がないということを証明しています。

まとめますと、肺がんの原因である喫煙率、大気汚染物質濃度は改善されているのに、肺がん罹患率が増加傾向にあるのは矛盾しています。また、女性ホルモンが減少傾向にある更年期以降の年齢で肺がん罹患率が増加することも、女性ホルモンが肺がんの原因であるということに矛盾しています。

さらに、検診の精度が上がり肺がん発見率が高くなりましたと言っていながら、また、肺がん治療も効果があると言っていながら、肺がん死亡率が増加しているということは、「肺がんが見つかっても治せない」、つまり、肺がん治療も意味のないことが分かります。

やはり、がんという病気は存在しない、がん治療は効果がないと考えるのが妥当でしょうね。

この記事を読んだ読者の中で、なぜ「がん」という病気があるのか、なぜがん治療が行われているのかという疑問が湧き、かつ、まだRaptBlogとKawataブログを読んでいない方は、読んでみてください。その疑問は、払拭されるでしょう。





Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です